2009年09月16日

ロシア、猫にタトゥーを入れるのが流行!? 動物愛護団体は猛反発

3時間もの間、麻酔で呆然としている血統書付の猫は彫られたタトゥーを披露するため持ち上げられた。名前はミッキー、スフィンクスという品種でかつては「カナディアン・ヘアレス」とも呼ばれていた。飼い主はミッキーと暮らす上で刺激が欲しかったようでミッキーの胸に彫られたツタンカーメンのタトゥーをとても気に入っているという。もちろん動物保護団体やその他団体からの非難も激しい。

・動物にタトゥーを入れるのがヨーロッパまで流行ってしまわないだろうか。
・野蛮すぎる行為だ。
・飼い主の気まぐれで動物を飾り物にするのは許されない
・動物は「No!」といえないのに・・・ひどすぎる。

などなど。「balkanpix.com」というサイトでタトゥーが猫に彫られる一連の画像が公開されているのでぜひ見て頂きたいのだが、やはりそれらを見ていると飼い主の自己満足にすぎないと感じてしまうのは私だけだろうか・・・。
posted by かーわん at 12:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。