2009年08月12日

スローワーカー

 忙しくて生活を楽しむ余裕のない人は、労働時間を減らすことができれば、時間に余裕ができるとともに、心にも余裕が生まれるのでしょう。
 その上で、生活の一つ一つを楽しむ工夫をする、やりたいことをやる、好きな時間や心静かな時間をもつというようなことを心がければ、もっと生活を楽しめるようになれるのではないでしょうか。

 仕事についても時間を大切にする意識をもって集中してやれば、効率的にできるのでしょう。
 創造性が必要な仕事の場合には、生活の中でのゆとりのある時間があったほうが、いい発想ができるような気もします。
 また、仕事などのやらなくてはならないことでも、心の余裕があれば、楽しむ努力をすることも可能だと思います。

 仕事を減らすということは、収入が減ることにもなります。
 それでも生活を楽しめるようになるのならいい、と思えればいいのでしょう。
 また、スローな生活を望むのであれば、お金をあまり使わない生活でも十分に楽しめるのではないでしょうか。

 労働時間を減らすということは、自分で自分の時間を管理しているということであり、仕事に追われずに自主的に生きることにもなるのだと思います。

  『仕事を追え。仕事に追われるな』 フランクリン

  『いかなる職業でも自分が支配するかぎり愉快であり、
   服従するかぎり不愉快である』 アラン

 仕事に振り回されるのではなく、仕事も含めて自分の生活を自分でコントロールしている、という実感がもてることが大きいのではないかと思います。
 時には、ワーク・ライフ・バランスについてよく考えてみるといいのではないでしょうか。
posted by かーわん at 12:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

ファーストとスロー

 「スロー」の考え方は、「スローフード」から始まったそうです。ハンバーガーなどの「ファーストフード」文化への批判から、「スローフード」運動が始まり、それがスロー社会、スロービジネス、スローライフなどに広がったようです。

 「ファースト」が悪いというわけではないでしょう。
 速いほうがいいことは多いでしょう。
 一所懸命にやることはいいことです。
 効率よくやれば、その分空いた時間を有効に使えます。
 「時は金なり」で、経済的に豊かになることもあります。

 「ファーストすぎ」は問題なのでしょう。
 急ぎすぎも、忙しすぎも、頑張りすぎも、効率最優先も、利益最優先も、どこかに問題がでてきてしまうのでしょう。
 それは、健康の問題か、人間関係の問題か、心の問題か、・・・。

 問題がでてくると、今のやり方・生き方に対する疑問が湧いてくるのでしょう。
 「これでいいのだろうか?」、そして「これで幸せなのだろうか?」と幸せの価値観が入ってくるのだと思います。
 そこで、「もっとゆっくり、愉しんだほうがいいのではないか」という考えがでてくるのでしょう。
 これが「スロー」の出発点ではないでしょうか。

 移動なら速いほうがいい。旅ならゆっくりもいい。と言っても、歩いて回るほどの時間も体力も気力もない。
 自分にできる選択、自分に合った選択、自分が心地よい(幸せな)選択をすればいいのでしょう。

 今まで一所懸命に頑張る(ファーストな)ことしか考えられなかった人が、スローなやり方もあるんだと知り、自分に合ったペース配分を選ぶことで、より幸せに生きられるようになれたらいいのではないでしょうか。
posted by かーわん at 18:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

目標を持って生きる目的・価値

 目標を持たずに生きるか、目標を持って生きるか、いずれを選択してもいいのでしょうが、幸せになりたいのなら目標を持って生きたほうがいいでしょう。
 目標は何らかの幸せに結びつくもののはずです。

 目標を持って生きるのは何のためでしょうか?

「幸せを得るため」
 目標を達成することは、幸せを得ることにつながります。
 それが目標を持つ、いちばんの目的だと思いますが、それだけではないと思います。

「イキイキと生活するため」
 目標があったほうがイキイキと生きられるのではないでしょうか。
 充実感を感じられる生活ができたらいいな、と思います。

「過程を愉しむため」
 目標を持って生きることは大変なこと・つらいことと考えてしまう人もいると思いますが、目標達成への過程を愉しむことは十分に可能だと思います。

「自分を育てるため」
 目標を達成するためには、それなりの苦労や困難もあるでしょう。でも、そのことで得られるもの(経験/進歩/強さなど)も多いでしょう。苦労があるから、達成した時の喜びも大きいし、自信も得られるのだと思います。

「人生を豊かにするため」
 ただなんとなく生きるよりも、目標を持って生きたほうが、人生の中身が濃く、内容が豊かになるのではないでしょうか。

 このような目的や価値があることを認識した上で、目標を持って生きられたら、と思います。

 目標を持って生き続ける人と、目標を持たずに生き続ける人では、時がたてばそれだけ大きな差がでるような気がします。
 「幸せになろう」という目標を持って努力を続ければ、それだけ幸せになっていけるのだと思います。
posted by かーわん at 13:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。